Hotel Continental コモ - コモ湖と 3つ星ホテル

  • italiano
  • English
  • español
  • français
  • Deutsch
  • русский
  • 日本語
  • 中文


コモ - Best Western Hotel Continental コモ - コモ湖と

到着日 到着日
出発日 出発日
お部屋のご利用人数
大人 子供 幼児
12歳以下 3歳以下
プロモーションコード、または法人アカウントをお持ちですか?
コード/アカウント番号を入力してください
ベストウエスタンのリワードメンバーですか?
メンバーシップ番号を入力してください

簡単な歴史: コモ湖とその周辺
「コモ」は感情に大きく訴える名で、イタリアで最も有名な小説であるアレッサンドロ・マンツォーニの「いいなづけ」の冒頭に登場しています(「コモ湖のその分岐・・・)。 また、世界中のブティックで売られている高級シルクの産地でもあります。世界初の電気火花はコモ出身の著名なアレッサンドロ・ボルタにより発見されました。 これらの事実のどれもが、コモを発見する旅の出発点となります。
歴史地区を歩けば、街の歴史をすべて感じることができます。 先史、そしてローマ時代のコモを展示する「考古学博物館」(Museo Archeologico Giovio)から始め、ミラノによるコモ破壊の後、バルバロッサにより城壁が建設された中世の「塔門」(Porta Torre)と残りの中世都市へと続きます。 塔門の前にある広場には、ガリバルディの像があり、 オーストリアによる支配から町がついに独立した1859年を記念しています。
現代に近いものでは、近隣のボルゴヴィーコまで続く湖畔を散歩するのもよいでしょう。ここはコモの有名人が19世紀に豪華な別荘を建てた場所です。
アールデコ様式のヴィラ・ムーサ、ネオクラシック様式のエレガントなヴィラ・カルミナーティ、アンティークの貴重な家具が残るヴィラ・サポリーティ、ヴィラ・ガッリア、ヴィラ・パッラヴィンチノ、ヴィラ・カネーパ、ヴィラ・モンドルフォ、ヴィラ・オルモなど、何世紀も樹齢を重ねたその有名な木々が周辺の公園に立ち並びます。 何世紀も前でも洗練され、優雅であったこれらの別荘はすべて、豊かに栄えた町を映し出しています。
その他にも、ネオクラシック様式の「ヴォルティアーノ神殿」(Tempio Voltiano)も訪れる価値があります。これはヴォルタの没後100年にあたる1927年に建てられ、ガスや電気の実験を行うためにこの偉大な科学者が発明した機械が収容されています。
街を見た後は隣接する湖で時を過ごすことができます。コモ湖は疑いの余地なく、その(北のコーリコ、南東のレッコ、南西のコモという3つの枝から成る)Y字型をしたユニークな形もあり、イタリアで最も美しい湖に数えられています。
この湖は氷河を起源とし、湖面積ではイタリアではガルダ湖、ヴェルバーノ湖に続いて3番目に大きく、ヨーロッパで最も深い湖となっています(水深410メートル)。 周りを山に囲まれ、コモ枝に小さな島「コマチーナ」があるこの湖でボートに乗るのも間違いなく価値があるでしょう。
コモ湖の見所
滞在をコモで締めくくり、布製品や特にその生産が何世紀もの伝統を持つシルクを購入することも外せません。 古い機械や織機を収蔵する有名な「セティフィーチョ」(Setificio)学校の別館である「シルク博物館」(Museo Didattico della Seta)(電話番号031/303180)も見逃せません。 この博物館では、絹糸の入手から世界中のすべての有名デザイナーに愛されるプリントの製作まで、シルク生産の全工程を見ることができます